二度目の全国制覇

 二度目の全国制覇は、二年後の二十八年である。この年は六・二六の熊本大水害の年だった。濟々黌にも付近の被災者がいっぱい避難して、プールは被災者たちの洗たく場となり、水球の練習などできる状態ではなかった。インタハイは近づくし、選手たちは練習のできない苦しみとあせりでじりじりしていた。八月になってやっとプールが使用できるようになり、選手たちはこれまでのブランクを取り戻そうと必死の練習に明け暮れた。わずか一ヵ月足らずの練習でインタハイにのぞむことになった。この年の水球部は部長・平田忠彦、コーチ・竜川武弘、主将・田久保徹、井上融、前田隆啓、宮村元信、渋谷竜志、江副一英、飯田桂三、田上新一郎、内田啓一、内田実、坂本敏寛であった。
 第二十一回日本高校水上大会は八月二十九日、三十日の両日、名古屋の振甫プールで開かれた。水球の参加チームは十四校、濟々黌は第一日の第一試合で前年の優勝校鴨沂(京都)と対戦、3-2でこの強敵をくだした。二回戦の池田(大阪)には16-0と完勝、準決勝でも西京(京都)に9-2と楽勝して三十日の決勝に進んだ。
 優勝戦は午後一時四十分から高松宮ご夫妻を迎えて開始された。対戦相手は山城(京都)。濟々は立ち上がりLB井上がドリブルで山城ゴールに迫り、パスを受けたCF田久保が決めてリード。その後の出足の良さと、スピードにのった攻撃で田久保にボールを集め、前半3-1の優位に立った。だが後半に入って濟々黌は得意の泳力を生かせず、山城の強引な攻撃で同点に持ち込まれる苦戦。しかし終了前3分に田久保が決勝のシュートを決めて、二度目の優勝を飾った。




二度目の全国制覇を果たし熊本駅に凱旋、在校生の歓迎を受ける(昭和28年9月1日)


※出典「郷土スポーツの歩み 熊本の体力」(昭和42年 熊本日日新聞社刊)より抜粋
[PR]
by swpc | 2011-08-19 15:08 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://swpc.exblog.jp/tb/14232561
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ヘッダー写真:昭和36年、インターハイで二連覇し凱旋した熊本駅ホームで歓迎を受ける済々黌チーム


by swpc

プロフィールを見る
画像一覧

Note

濟々黌水球部の歴史は戦後復興の始まりとともにスタートしました。以来今日まで65年、苦難と栄光の歴史をあらためて振り返り、未来への道標とすべく、このブログを開設いたしました。必ずしも時系列ではありませんが、少しずつエピソードをご紹介していきたいと思っています。また、OBその他関係者の皆様から「想い出話」の投稿をお待ちしています。また、お手持ちの写真がありましたら、ぜひご貸与ください。
平成23年8月
    柴田範房(昭和39年卒)
連絡先:
ugg99537@nifty.com

以前の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧