新熊本の体力(3)

 四半世紀以上にわたって〝強豪″の名を全国にとどろかせた済々黌高水球部。輝かしい歴史の中で、インターハイと国体で最後の優勝を飾った時の選手に、当時の思い出などを聞いた。
 最後のインターハイ優勝は1967(昭和42)年の福井大会。田代孝士(66)はFWで出湯した。予選1回戦は田代もゴールを奪い新潟・柏崎を2-0で下し、同2回戦は東京・北野を10-0で一蹴した。決勝は岡山・関西、埼玉・川口市立、大分・臼杵とのリーグ戦に。
 「どのチームも背が高く、がっしりした選手ばかり。体格、泳力ともうちが一番劣勢だった」と田代。初戦の関西戦は最終クォーターまで2-1とリードしたが、終了間際に痛恨のファウルを犯し、2-2の引き分け。第2戦ば前年の国体で苦杯をなめさせられた川口市立。ポイントゲッターの木村隆、西田英生が大活躍し4-3で勝ち、1勝1引き分けとした。
 最終戦は九州のライバル。臼杵。「末弘杯、九州大会で勝っていたので心の緩みがあった」と田代が振り返る通り、常に先行を許す展開。最終クォーターで追いつき、3-3で引き分けた。1勝2引き分けながら勝ち点4で栄冠に輝いた。「矢賀(正雄)コーチから『ボールは燃える火の球だ』と教えられ、ボールを長く持つことはなかった。パスと同時にダッシュの繰り返し。体格のハンディを補う作戦だったんですね」と田代。
 翌年、インターハイ連覇を目指した済々黌は九州予選敗退。同じく福井開催だった国体制覇にかけていた。2年生の浜田澄夫(63)はFWを務めた。「インターハイ予選に敗れ日大(東京)で強化合宿が行われた。10日間ほどだったが、起きている間はほとんどプールの中。血尿が出る者もいた。しこたま鍛えられた」(浜田)
 迎えた本番は東京・城西を5-3、大阪・茨木を6-2で下し、予選を通過した。決勝リーグは済々黌、長崎・諌早商、臼杵、柏崎の顔ぶれ。文字通り九州決戦の様相を呈した。「長崎国体を控え、選手強化を進めていた諫早が一番手強かった。でも緊急合宿の成果もあって優勝できた」と浜田。柏崎とは引き分けたものの、臼杵を4-2、諌早商を3-2で退け頂点に立った。浜田は好アシストで何度もゴールに貢献した。
 田代は法政大を経て熊本県警入り、浜田は日大を出た後、和歌山県の高校教員になり同県の水球普及・強化に情熱を燃やした。「水球で熊本の名を見なくなって久しい。母校にはこだわらない。熊本のこれからに期待したい」。2人は口をそろえた。(完)


昭和42年福井インターハイ優勝チーム


昭和43年福井国体優勝チーム

[PR]
by swpc | 2014-12-10 18:06 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://swpc.exblog.jp/tb/21380483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

ヘッダー写真:昭和36年、インターハイで二連覇し凱旋した熊本駅ホームで歓迎を受ける済々黌チーム


by swpc

プロフィールを見る
画像一覧

Note

濟々黌水球部の歴史は戦後復興の始まりとともにスタートしました。以来今日まで65年、苦難と栄光の歴史をあらためて振り返り、未来への道標とすべく、このブログを開設いたしました。必ずしも時系列ではありませんが、少しずつエピソードをご紹介していきたいと思っています。また、OBその他関係者の皆様から「想い出話」の投稿をお待ちしています。また、お手持ちの写真がありましたら、ぜひご貸与ください。
平成23年8月
    柴田範房(昭和39年卒)
連絡先:
ugg99537@nifty.com

以前の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧