<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

静岡国体でも優勝

 静岡国体の夏季大会は九月二十二日から四日間浜松市の元城プールを主会場に行われた。水球競技は大会第三日の二十四日に始まった。参加校が少なく、東京代表の城北、京都代表の山城と濟々黌の三チーム。チーム数は少ないが当時としては高校レベルの最高である三地区代表だけに、三校リーグの試合内容はすぐれたものであった。
 平田部長と、水球部の大先輩としてコーチを買って出た矢賀正雄は、選手たちといっしょになって国体優勝の悲願達成に全力を注ぎ、強力なFWを持つチームでこの大会にのぞんだ。
 メンバーは、主将の吉邑紀義以下藤本重信、梅本秀一、桑山隆弘、柴田徹、米村彰芳、米原邦夫、宮川弘之、柴垣武彦、小泉満だった。
 大会三日目の九月二十四日、濟々黌は浜松北高プールで城北高(東京)と戦った。前半4-0、後半3-1、結局7-1で楽勝した。熊本日日新聞はこの試合評を次のように書いている。
 ――「7-1のスコアだが、実力的にはもっと開きがあったろう。プールが狭く水深がないため得点差をちぢめたといえる。熊本はFW藤本、吉邑のコンビがピッタリと合い、試合は熊本のペースで一方的に進められた」――
 そして最終日の二十五日午後一時から京都代表の山城高と優勝を争った。あいにくの雨で、気温は低くコンディションは最悪だった。高松宮殿下をお迎えして、選手は寒さも忘れて奮闘した。そして7-2で国体初優勝を飾ったのである。
 ▽水球決勝戦

 ――【評】濟々黌のFW藤本、吉邑のコンビが高校生ばなれのした妙技を随所に見せてくれた。開始2分山城ゴール前で両選手がスクリーン・プレーで藤本がノーマークとなってきれいにきめたのをはじめ、6分にも吉邑―藤本で右スミに2点目をあげてリード。さらに7分、それまで山城のチャンスの芽を再三つぶしていたLB梅本が中継からドリブルで突っ込み、ノーマーク・シュートを決めるなど鮮やかな試合運びをみせた。後半になって濟々黌の攻撃に手を焼いた山城はゴールを三人で守るという愚策をとったためかえって点差を開かれた――。(九月二十六日付け、熊本日日新聞)
 国体出場は過去連続三年、いずれも決勝で敗れて第二位だった。その濟々黌が三年連続優勝の京都・鴨沂高にかわって熊本に優勝旗を持ち帰った。


優勝旗を持って凱旋した熊本駅頭で祝福を受ける選手たち(1957.9.27)


※出典「郷土スポーツの歩み 熊本の体力」(昭和42年 熊本日日新聞社刊)より抜粋
[PR]
by swpc | 2011-08-27 08:55 | Trackback | Comments(0)

肥後の伝統と水球

 濟濟黌の全国制覇について当時の熊本日日新聞はコラム「新生面」で、次のように水球競技のスポーツとしての良さを述べ、肥後の古流泳法の伝統を紹介している。
 ――「濟濟黌高校の水球部がインタハイで優勝して帰ってきた▼もしこれが野球の全国高校で優勝したのなら、熊本市中沸き返るような歓迎振りで、一人や二人熊本駅で踏み潰されるようなチン事が起こったかもしれないぐらいだが、水球優勝ではそんなこともなかった。(略)▼水球というと見たことのない人が多かろう。ボールをゴールに入れるのはフット・ボールと同じで、人数が少ない(七人)点からいうとバスケット・ボールに似ている▼もちろん選手一人一人の泳ぎのスピードと、ボールの操作の技術と全体のチームワークが主なファクターとなる。少ない人数でそのすべてを満足させるためには、全部のレベルが揃っていなくてはならない。そのため、特別なスターポジションというものはない(略)▼水球なども野球に押されて影が薄いが、運動としてはまず理想的な運動に属するだろう▼ところで水球でボールをシュートしたり、ゴールキーパーがシュートを防いだりする時、どうしても立泳ぎが必要となる▼濟濟黌の水球が強いのは、もちろん伝統と猛練習によるものであるが、その伝統というものの中には肥後水練の踏水術の伝統があることを見逃してはならない▼水球というと、クロールやバックやブレストなどの競泳と思い勝ちな人たちに『御前泳』が濟濟黌水球を優勝させた因子であったことを知っておいてもらうのは不必要なことではあるまい」――
d0251172_1555876.jpg こうしてインタハイで二度の優勝を遂げた濟濟黌水球部は、その後も国体、インタハイで三回の全国制覇を飾っている。そしてオリンピック選手延べ四人をはじめ、数多くの国際試合に出場する選手を生み出してきた。時代は三十年以降になるが、ついでに全国優勝と国際選手を中心にその後の活躍ぶりをながめてみよう。
 国民体育大会に高校府県対抗水球が加えられたのは、二十九年の第九回国体からである。インタハイでは二度の優勝経験を持つ濟濟黌だが、第九回いらい国体ではつねに決勝戦で敗れて第二位を続けていた。国体初優勝の栄冠に輝いたのは三十二年の第十二回静岡国体である。

※出典「郷土スポーツの歩み 熊本の体力」(昭和42年 熊本日日新聞社刊)より抜粋
[PR]
by swpc | 2011-08-25 10:51 | Trackback | Comments(0)

二度目の全国制覇

 二度目の全国制覇は、二年後の二十八年である。この年は六・二六の熊本大水害の年だった。濟々黌にも付近の被災者がいっぱい避難して、プールは被災者たちの洗たく場となり、水球の練習などできる状態ではなかった。インタハイは近づくし、選手たちは練習のできない苦しみとあせりでじりじりしていた。八月になってやっとプールが使用できるようになり、選手たちはこれまでのブランクを取り戻そうと必死の練習に明け暮れた。わずか一ヵ月足らずの練習でインタハイにのぞむことになった。この年の水球部は部長・平田忠彦、コーチ・竜川武弘、主将・田久保徹、井上融、前田隆啓、宮村元信、渋谷竜志、江副一英、飯田桂三、田上新一郎、内田啓一、内田実、坂本敏寛であった。
 第二十一回日本高校水上大会は八月二十九日、三十日の両日、名古屋の振甫プールで開かれた。水球の参加チームは十四校、濟々黌は第一日の第一試合で前年の優勝校鴨沂(京都)と対戦、3-2でこの強敵をくだした。二回戦の池田(大阪)には16-0と完勝、準決勝でも西京(京都)に9-2と楽勝して三十日の決勝に進んだ。
 優勝戦は午後一時四十分から高松宮ご夫妻を迎えて開始された。対戦相手は山城(京都)。濟々は立ち上がりLB井上がドリブルで山城ゴールに迫り、パスを受けたCF田久保が決めてリード。その後の出足の良さと、スピードにのった攻撃で田久保にボールを集め、前半3-1の優位に立った。だが後半に入って濟々黌は得意の泳力を生かせず、山城の強引な攻撃で同点に持ち込まれる苦戦。しかし終了前3分に田久保が決勝のシュートを決めて、二度目の優勝を飾った。




二度目の全国制覇を果たし熊本駅に凱旋、在校生の歓迎を受ける(昭和28年9月1日)


※出典「郷土スポーツの歩み 熊本の体力」(昭和42年 熊本日日新聞社刊)より抜粋
[PR]
by swpc | 2011-08-19 15:08 | Trackback | Comments(0)

水球チームの誕生そして初の全国制覇

 濟々黌に水球が生まれたのは戦後間もない昭和二十一年の夏であった。水球部の部長は吉田長善、八重島香二、山田繁と引き継がれ二十六年から平田忠彦がめんどうを見た。そのいずれも“水球”についてはしろうとであった。技術的には県水協の古荘次平、飯田寿平らの熱心な手ほどきに始まり、その後は若い先輩たちが入れ替わり、立ち替わり母黌のプールにやってきて、その練習にハッパをかけたのである。そして末広杯水上競技大会で知られる西日本高校水上では十七連勝の快記録を残した。
 ところで、この濟々黌水球チームが、全国制覇の目標に一歩近づいたのは二十五年の全国高校水上大会だった。安浪渡、古賀伸一郎、田代二生、大坪大学といった名選手をそろえ、決勝戦で慶応高と対戦した。一進一退の互角に渡り合い、最後は反則負けで準優勝に終わった。しかしチーム力からすれば史上最強といわれ、その不運に選手たちは涙を流したものである。
 インターハイで勝つ だが、その宿願を果たす日は翌年に訪れた。
 二十六年の水球部は平田部長、安浪渡コーチで選手は次の十一人だった。
 主将の佐伯卓三、菅原平、竜川武弘、大島淳之助、川北文男、坂田定苗、田久保徹、水垣憲治、田代晃一、中村允、井上融。
 主将の佐伯は平泳ぎの選手としても県下で一、二位を争うスピードがあった。選手はみんな水球の虫だった。なかでも副主将格の菅原は研究熱心だった。授業中によくノートをとっていると思うと、それは水球のフォーメーションの研究に没頭しているのだった。この二人のほか三年生の竜川、大島、川北、坂田は旧制中学最後の濟濟黌入学。学制改革で併設中学となり、濟濟黌在学六年目だった。一年先輩に好選手がそろっていたため試合に出るチャンスがなく、長い下積みの苦労ばかり重ねていた。“いつかはきっと試合に出てやるぞ”と歯を食いしばって下積みに耐え、やっとそのチャンスがめぐってきたのだ。試合がやりたくてうずうずしていた連中ばかりである。新人とはいえ、高校水球選手としてはすでにベテランの域に達していた。
 当時の日本高校選手権水上競技大会は、東西対抗の形式で行われていた。濟濟黌はまず八月十八日から奈良県の天理プールで開かれた西部高校選手権水上大会に参加し、準決勝で天王寺高(大阪府)を15-1で一しゅう、決勝でも福岡高(福岡県)を9-3でくだして優勝。西部代表校として東京神宮プールで日本一を争うことになった。
 水球決勝戦は八月二十四日午後五時二十分から行なわれた。相手は前年の大会で反則負けした慶応高(東京都)だった。“相手にとって不足はない。昨年のかたきをとってくれ”と安浪コーチは選手を励ました。気温三一・五度、水温二八度とコンディションは上々。スタンドは超満員で、その中には在京の先輩たちが懸命に声援を送る姿が見られた。
 試合は開始後二分にLB水垣が先制シュートを決めた。CF竜川とRF菅原の攻撃コンビのシュートもあって前半5点をあげ、2点をリードした。だが後半に入ると慶応も前回の優勝チームらしいうま味を発揮し、またたく間に同点に追いついた。その後はファイトとファイトがぶつかり合って激しい攻防となったが、濟濟黌FW陣は必死のがんばりでついに2点をあげ、7-5で強豪慶応をくだした。
 初優勝。だがその栄冠に喜ぶより、選手たちは試合終了と同時に精根尽き果て、プールからはい上がるのがやっとという激しい決勝戦だった。日本水連会長田畑政治から金色の優勝杯が主将の佐伯に授与され、初めて喜びがわいた。選手たちは平田部長、安浪コーチを中心に抱き合って泣いた。戦後の濟濟黌運動部にとって、この優勝は最初の全国制覇であった。
 「万年優勝候補」の汚名をそそいだこの優勝が、濟濟黌水球部の伝統を築くのにどれほど力があったかしれない。「地方熊本でも練習いかんでは優勝できる」「技術的には中央チームにも劣らない」という自信と希望を与えた。それが現在の濟濟黌水球部のなかに生きて“水球の濟濟黌”か“濟濟黌の水球”かといわれる名門チームとなっているのである。

d0251172_19251449.gif

※出典「郷土スポーツの歩み 熊本の体力」(昭和42年 熊本日日新聞社刊)より抜粋

d0251172_335544.jpg
初の全国制覇メンバー
前列左から竜川、佐伯、菅原。後列は水垣、田代、大島、田久保。後は顧問の江口先生と部長の平田先生
[PR]
by swpc | 2011-08-15 03:33 | Trackback | Comments(0)

始まりは五高プール

 熊本水泳界の戦後の立ち上がりも、他の種目と同じく、たいへんな苦労の連続だった。
 協会としては、日本水連の規約にしたがい、熊本水泳界の窓口となる代議員も選任した。古荘次平、滑石信一のほか、熊本商時代平泳ぎの選手で、早大を出て茨城県の日立製作所多賀工場に勤めていた太田秀次郎を在京代議員とした。こうした協会としての動きが活発になればなるほど、練習プールの建設は切実な問題であった。
 五高プールで 水泳協会員の練習場として、まず五高のプールに白羽の矢が立った。場所はいいし、五十㍍の公認のプールだ。交渉の結果、自分たちで掃除をし、水を入れて使用するのならいいとの承諾を得た。正式に借用願いを提出したのは二十一年の三月十九日だった。

 初の記録会 泳げるプールは熊本市内では五高プールだけ。水協の呼びかけで、熊中、濟濟黌、熊商に水泳部が誕生し、連日五高プールに集まって合同練習を始めた。
 そして六月三十日に、この中学三校の水上競技記録会が五高プールで開かれた。主催は三校の水泳部で熊本水協が後援した。まだまだ練習不足で、戦前の県中等記録とはほど遠く低調だったが、元気いっぱいの水しぶきは、審判長をつとめた古荘次平ら水協会員たちを喜ばせた。

 ▽百自由 1石川(熊中)1分20秒2 2岡田(熊商)1分26秒8 3上村(濟濟)1分26秒8
 ▽二百自由 1矢賀(濟濟)3分11秒8 2伊藤(熊中)3分37秒8 3村上(同)3分42秒2
 ▽四百自由 1矢賀(濟濟)7分12秒0 2矢島(同)8分28秒2 3谷口(熊中)9分17秒0
 ▽二百平 1松本(熊商)3分34秒0 2渡辺(濟濟)3分43秒8 3山下(熊中)3分52秒8
 ▽百背 1毛利(熊中)1分39秒4 2石川(同)1分40秒0 3木村(濟濟)1分54秒0
 ▽二百リレー 1濟濟(2分23秒8) 2熊中(2分25秒8)
 ▽八百リレー 1濟濟(14分44秒0) 2熊中(15分12秒)



濟々黌プールにて草創期のメンバー(胡坐が矢賀さん、後左から3番目が木村さん)
その他の方は編集者の記憶が不確かですので、あえて記名していません。
ご本人またはご存じの方はご連絡下さい


同上


【人物MEMO】
d0251172_456614.jpg
▽古荘次平(ふるしょうじへい)故人
 大正三年生まれ、熊本市出身、熊本商業、早稲田大学卒。早大時代平泳ぎから水球のゴール・キーパーに転向、伝説的な猛練習で日本代表チームに選ばれ、ベルリン・オリンピック(1936)に出場した立志伝中の人。身に付けていた熊本伝統の「小堀流踏水術」が役立ったという。戦後は熊本県体協理事長などをつとめ県スポーツの振興に尽力。濟濟黌水球部の創設・発展に大きな役割を果たす。株式会社シロヤパリガン創業者。写真はベルリン・オリンピックの時の勇姿。
Water Polo Legendsより)

※出典「郷土スポーツの歩み 熊本の体力」(昭和42年 熊本日日新聞社刊)より抜粋
[PR]
by swpc | 2011-08-14 00:00 | Trackback | Comments(0)

ヘッダー写真:昭和36年、インターハイで二連覇し凱旋した熊本駅ホームで歓迎を受ける済々黌チーム


by swpc

プロフィールを見る
画像一覧

Note

濟々黌水球部の歴史は戦後復興の始まりとともにスタートしました。以来今日まで65年、苦難と栄光の歴史をあらためて振り返り、未来への道標とすべく、このブログを開設いたしました。必ずしも時系列ではありませんが、少しずつエピソードをご紹介していきたいと思っています。また、OBその他関係者の皆様から「想い出話」の投稿をお待ちしています。また、お手持ちの写真がありましたら、ぜひご貸与ください。
平成23年8月
    柴田範房(昭和39年卒)
連絡先:
ugg99537@nifty.com

以前の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧