<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

オリンピックの華 - ミュンヘン大会(1972) -

▽荒瀬徹
(監督)菊池市出田出身。濟々黌、日大卒。海上自衛隊東京業務隊三佐(旧姓田久保)、36歳
▽桑山博克
(主将)熊本市千葉城町出身。濟々黌、日大卒。全日空勤務、30歳
▽木村隆
(選手)熊本市保田窪本町出身。濟々黌、日大卒。22歳

 水球に肥後っ子トリオ三人が出場する。監督の荒瀬、選手の桑山(主将)木村。いずれも濟々黌-日大と水球の名門校を出た俊英。過去、濟々黌-日大が送ったオリンピック選手は、ローマ大会で宮村元信、柴田徹、藤本重信、東京大会で藤本重信、メキシコ大会で菅原平(監督)、米原邦夫、坂本征也、桑山博克。実に延べ11人にも上る。日本水球界に輝かしい伝統を築く。

 監督荒瀬は自衛官。昔の位で言えば少佐である。8年間体育教官を務め、この4月から東京教育大で研修、将来は自衛隊の体育を背負って立つ男と期待されている。「先輩の菅原さんが、それまでオリンピック0勝から、メキシコで一気に3勝、12位に入ったので、私はそれを上回る8-10位をネラウ」と言う。昨年の第6回アジア大会後、全日本チームを菅原から引き継いだ荒瀬には自信がみなぎっている。「菅原は理論タイプ、荒瀬はファイトマン。はだ合いは違うが、全日本の監督としてはどちらも一流。ただ菅原は東京で徹底的に仕込まれた選手をそのままメキシコで使っておればよかったが、今回の選手の中にはまだ未熟な者が多い。そこを荒瀬がどう鍛え、どう使うか興味深い」―恩師の平田忠彦県水協理事長は二人を比較する。
 腰から逆三角形に盛り上がった分厚い胸、五分刈りの髪。物腰は柔らかいが「なかなか練習は厳しい」と選手の荒瀬評だ。26年のインターハイで先輩の菅原らとともに、濟々黌水球チームを初めて全国制覇に導き、さらに28年のインターハイでも強烈なシュートを決め二度目の優勝をもたらした荒瀬。日大主将を務め、アジア大会、ユニバーシアードと華やかな競技歴を誇る。昨年まで日大桜泳会のメンバーとして現役生括は20年。チームを預かるのは初めてでやや不安は残るが、「荒瀬なら―」と水球関係者は信頼しきっている。

 この荒瀬を助けるのが桑山だ。メキシコに続いてのオリンピック出場。最年長で今回は主将を命ぜられた。荒瀬とのイキもピッタリ。「水球は一度プールに入ったら試合が終わるまで上がれない。一人の選手の調子いかんがチーム全体を左右する。水球がよりチームプレーを求められるのもそのため。チームプレーこそ最大の攻撃であり防御である」―主将らしくチーム全体を見回す余裕がうかがえる。
 若いころのように、アシカを思わせる出足のいい泳ぎはやや影を潜めたが、すぐれたテクニックと駆け引きには、みがきがかかった。荒瀬監督も「メキシコより平均身長が上回り、選手が大型化したものの外国勢に比べたらまだ20センチ以上も開きがある。体力は比較にならないが、桑山の円熟した技術は大いに発揮してもらわねば」と期待する。二度のオリンピックのほかジャカルタ、バンコクの両アジア大会、ブラジル、ブダペスト、東京のユニバーシアード、メキシコ・プレ五輪と国際試合も豊富。

 木村も濟々黌時代、主将としてインターハイ優勝を経験しているが、日大に進んでからは不思議と海外試合のチャンスがなかった。今春日大を卒業、BSタイヤ大分に就職が決まったが「大分では水球は出来ない」とあっさり就職をけり、ミュンヘン代表を目指して、日大合宿入りした。
 六月に盲腸炎を起こし、7月末の選考会では大きなミスが続出した。このため選考委員会では木村一人を巡って論議が交わされた。しかも海外遠征の経験もない。委員の採決では4-4となったが、結局、荒瀬監督の判断で木村に決定したという。やはり“若い”ということがキメ手になったようだ。175センチ、68キロ上背のわりには体重がない。メンバーでも一番軽量だ。性格的にもやや弱い。このため荒瀬監督もビシビシと鍛え、グンと力強さを増している。
(昭和47年8月20日熊本日日新聞)


平田先生を囲んだミュンヘン五輪出場の熊本県出身選手
後列左から荒瀬徹水球監督と木村隆、桑山博克(右上枠内)
前列左から青木まゆみ、松村鈴子、合志えい子の各選手

[PR]
by swpc | 2012-03-29 15:31 | Trackback | Comments(0)

オリンピックの華 - メキシコ大会(1968) -

 菅原平(日本水球チーム・コーチ)
 菅原さんは熊本市大江小から濟々黌へ進み、31年日大卒。濟々黌2年のときインターハイに初優勝、“水球濟々黌”の基礎をつくった。日大時代も2年で関東リーグ初優勝、3年で全日本初優勝と日大躍進の中心メンバーとして活躍した。
 35年ごろから日大水球チームのコーチをしているが、今回の代表選手9人のうち5人が“教え子”である。とくに米原、桑山、坂本の三選手は濟々黌、日大を通じての後輩でもある。いま神宮プールで仕上げの合宿練習をしているが、桑山ら三選手がケガをして練習効果が上がらず頭をかかえている。しかし「メキシコではどうしても10位以内を確保しなければならない。これができないと次のミュンヘン大会には水球参加が危うくなる。メキシコ大会に水球の存亡がかかっている」とファイトを燃やして、選手たちにハッパをかけている。
 本職は東洋交通大森営業所の所長さん。「仕事の方も気にかかるのですが、オリンピックがすむまではおあずけです」と苦笑する。根っからの“水球の虫”だ。
 一昨年、大分国体のとき一日だけ帰省したが、それいらい故郷にはごぶさた続き。「メキシコへ行く前に一度帰りたいのですが、選手たちも故郷には帰さないので私も帰るわけにはいきません。母親が寝込んでいるというし、親不孝のしっぱなしです」と嘆いていた。
 薫夫人と一男一女の四人暮らし。熊本市大江町渡鹿出身、現住所=川崎市。

 桑山博克選手(26)
 攻撃のカナメの米原選手に対し桑山選手は守りのカナメ。今回の代表チームの中心メンバーの一人である。練習量の豊かさを物語る真っ黒なハダが水にぬれてつややかに光る。ボールを追う出足のいい泳ぎはアシカを思わせる。そのダッシュのよさは定評のあるところ。
 菅原監督は「バックの選手だが、泳力があり出足もいいので攻撃にも回れる。泳ぎのないチームには威力を発揮するだろう」と期待を寄せている。しかし守備に関しては「ヨーロッパ勢に比べると日本選手はからだが小さい。この点がいちばん不利だ。このため日本人相手と同様な守備ではダメ、すぐれた技術とかけひきが必要」と指摘する。
 同選手も「からだの問題はいってもしようがない。外国勢を押えるにはまずひとかき先に出ることだ。出足を生かしてセリ合ってみたい。ひとかき早ければ守りを攻撃に変えるチャンスも生まれる」精かんな顔にファイトをみなぎらせる。ブラジル、ハンガリーの両ユニバーシアード、バンコクのアジア大会と国際試合の経験は豊富。同選手のことばはこのような裏付けがあってのことだ。
 濟々黌時代にインターハイに二回優勝、日大時代も全日本、インカレに各一回優勝とはなやかな水球歴を持つ。日大4年のときは同大水球部のキャプテンも勤めた。それだけに「水球は一度プールに入ったら試合が終わるまでは上がれない。一人が調子をくずせばチーム全体がくずれる。チームプレーに徹することがなによりも大切」とバックの選手だけにチーム全体を見回す余裕がある。170センチ、71キロ。
 ◇くわやま・ひろかつ 熊本市千葉城町出身、全日空本社ヘリ営業勤務。現住所=川崎市。

 米原邦夫選手(27)
 メキシコオリンピックの水球日本代表チームには三人の肥後っ子選手がいる。いずれも濟々黌、日大と水球の名門校ではぐくまれた選手だ。米原選手はこのトリオの一番手。後輩をしった(叱咤)激励しながら神宮プールで仕上げのチームづくりに精出している。
 たくましいからだ。胸囲103センチの広く厚い胸、その胸毛と冷静なプレーが彼のトレードマークだ。
 フォワードだが、シューターではない。攻撃の“パスのカナメ”である。日本チームが誇る竹内、桑原らのシューターを生かすのも殺すのも彼のパスワークにかかっている。「自分をパスマシーンと思っている。練習でも自分のパスをいかに生かすかに専念している。無理なパスを出さぬことが第一。あとは冷静さを失わぬことだ」とチームにおける自らの役割りを心に刻みつけている。
 水連派遣役員としてチームとともにメキシコに行く監督格の菅原平氏(34)=濟々黌、日大出=は「どの選手にどんなタイミングでパスを送るか米原の動きが試合を左右する。ともかくも米原にボールをキープしてもらわねばならない。水球は反則の多い競技だが、そのさい与えられるフリースローをいかに利用するかが攻撃のポイントになる。この点反則を多くもらうのも米原の役目のひとつ」と日大時代から現在まで手塩にかけた後輩に期待を寄せている。
 日大時代三回全日本で優勝。濟々黌では水球部のキャプテンだった。38年にはブラジルのユニバーシアード出場。39年日大卒後、一年間事情あって水球から離れたが、持ち前の“負けん気”で40年にカムバック、同年ハンガリーのユニバーシアードに出場するなど国際試合の経験も豊富である。170センチ、67キ㌔
 ◇よねはら・くにお 下益城都城南町千町出身。旭化成勤務。現住所=東京都杉並区。

 坂本征也選手(23)
「私のからだではヨーロッパ勢には通じない。しかし泳ぎでは負けません」と開口一番、鋭い目を光らせた。ことばのように水球選手としては小柄(168センチ、63キロ)である。しかしそれを補ってあまりある泳力がある。
 水球の試合時間は4クォーター計20分だが、反則のさいの時間を加えると試合終了まで選手たちは小一時間も泳ぎ続けなければならない。水球は数多い競技のうちでも五本の指に入るほど体力を要する競技だ。
 同選手は42年日大を出て社会人となったあとも人一倍の練習によって泳力、体力を維持してきた。この努力がメキシコへの道を開いた。
 米原、桑山の両先輩が攻撃、守備のカナメとすれば坂本選手はオールラウンドプレーヤー。プールの中を持ち前の泳力を生かして縦横に動き回る。菅原監督は「貴重な控えの選手です。対メキシコ、キューバ、ブラジルなど確実に勝たねばならぬ試合にどうしても必要な選手」とその泳ぎに期待を寄せている。
 坂本選手自身も「私は日本選手としても小さい方だ。だから泳ぎを生かすほかない。ひたすらに泳ぎ、動き回るだけ」と泳ぎに徹底している。
 濟々黌時代にインターハイで一回優勝、日大3年のときインカレ優勝。4年のとき水球部キャプテン。同年バンコクのアジア大会で優勝の感激も味わっている。
 ◇さかもと・せいや 熊本市出水町国府出身。三報社印刷勤務。現住所=東京都目黒区。
(昭和43年9月以上熊本日日新聞)


前列左から桑山博克、島田輝昭、入江昭雄
後列左から坂本和義、宮本孝典、米原邦夫、村山憲三
上の顔写真は左から菅原平、坂本征也の皆さん。

[PR]
by swpc | 2012-03-14 20:13 | Trackback | Comments(0)

オリンピックの華 - 東京大会(1964) -

◇藤本重信選手 (24)
 熊大付属小-熊大付属中-濟々黌-日大-BSタイヤ
“右だ” “それ前へ出ろ” “当たらんか” 矢賀正雄コーチ(竜南中教諭)の厳しい指示がプールサイドからとぶ。部員たちはこれに忠実に右へ左へとボールを追って水しぶきをあげる。
 高校水球界の名門にふさわしいハード・トレーニングが毎日、日の暮れるまで続けられる。この厳しい練習から持ち前のファイトが養われるのだ。

d0251172_16355840.jpg 水球はスポーツの中でもとくにスタミナを要する競技。ローマ大会でもソ連とハンガリーが水中で流血騒ぎまで起こしたように、この競技にはトラブルもつきものだ。それだけになにものにも負けぬファイトが要求される。「濟々黌の水球」といわれるまでになったのも、先輩たちに“ファイト”プラス“チーム・ワーク”があったからだ。
 国際試合を経験した日本選手は、必ずといっていいほど、体の大きい外国選手におびえる。その中で藤本だけはいっこうに気にもしていない。「水中でけられたらけり返しますよ。それだけハラがすわっていないと絶対勝ちっこありません」と平気な顔。このファイトも濟々黌時代に養われたと同選手も述懐するように、同校を巣立っていった選手にはファイターが多い。矢賀コーチも「その藤本が濟々黌時代はどちらかといえばおとなしい方だったのだから、およそウチのチーム・カラーもわかるでしょう」と笑う。
 “人には負けぬ闘志” これは濟々黌の校風であり、伝統でもある。同校の有名な三綱領の中にも「重廉恥振元気」の一項が光っている。
 戦前は剣道で通算11回の全国制覇をなしとげ、濟々黌の名は全国にとどろいた。戦後も水球をはじめ、ハンドボール、陸上などに全国優勝の豊富な経験を持つ同校は県下随一のスポーツ名門校といえる。

 国体などの全国大会で実力がありながらみすみす予選落ちする学校が多いなかで、濟々黌の選手は逆に実力以上の成績をおさめてくることもしばしばだ。イエローラインに象徴される濟々黌魂-母校への誇りが、自信となって勝負強さを発揮するのだろう。水球部はそのもっとも典型だ。

 濟々黌水球部は38年、その輝かしい実績が認められて熊日社会賞をうけた。部創立は終戦直後の21年夏。その翌シーズンには全国大会の準決勝まで進出、その3年後には初の全国制覇をなしとげ、いらい国体優勝も含め、5回の全国制覇を経験してきた。また末弘杯大会(西日本高校選手権)でも24年から今日まで連続16回も優勝している。したがって末弘杯では“必ず勝つ”という自信から、実力的には劣勢の試合でも最後に逆転して勝ったというケースが多い。同校の場合、実力にプラス・アルファがある。「それが“伝統″だ」といわれるのもうなずけることだ。そしてさきのローマ大会には宮村元信、藤本重信、柴田徹の三選手が水球代表として参加し、同校水球部の歴史に輝かしい1ページを刻んだ。
 しかしチームの発展のため、陰になり日なたとなって努力してきた平田忠彦部長(50)も忘れることのできない人。平田教諭は初の全国制覇当時からの部長で、「九州に濟々黌あり」と全国に同黌の水球を高めた最大の功労者だ。技術面の指導はもう10年間もコーチをつとめるOBの矢賀氏にすっかりまかせっきり。プールサイドに控え目に立って部員の練習をじっと見守る姿は同黌水球部の父といわれる存在にふさわしい。

 平田部長は大声をあげない。絶対に怒らない。常に平静だ。水中からあがってくる部員一人一人を、激励するような調子でアドバイスする。柔和な目をさらに細めて話しかける。実の父親のように部員一人一人の面倒もよくみ、親身になって世話をする。それだけに部員の信望も絶大だ。同水球部の強さの一つといわれるチームワークも同教諭を中心とした部員たちの「和」から生まれたものだ。
 夏休みになると同黌プールには必ず卒業生たちが駆けつけて、平田部長と談笑し、後輩たちを鍛えあげる。なかには熊本駅からそのまま直行してくるOB達もいる。彼らは口をそろえて「平田部長の顔をみるまでは帰ったような気がしない」という。藤本にしても同教諭が上京した際はどんなに忙しくても時間をさいて駆けつける。
 さきほど水球の関東大学リーグ戦で生まれた「高木・飯田杯」も若くしてなくなった濟々黌出身の両氏を偲ぶ先輩・後輩たちの友情の産物だった。こうしたタテ、ヨコの堅いキズナこそ濟々黌の伝統的なバックボーンなのだ。

 こうしたスポーツの名門・濟々黌も、野球の全国制覇を頂点に最近やや低迷気味だ。水球は例外としても、、野球部などはナインをそろえるのに苦労しているという。ここにも試験地獄に委縮した現在の高校制度の矛盾がうかがえる。
 しかし濟々黌に水球部のあるかぎり、そして藤本選手のオリンピック二度日の出場をきっかけに、同高校の輝かしい伝統は再び新しい前進と飛躍を続けることだろう。
(昭和39年9月熊本日日新聞)

[PR]
by swpc | 2012-03-05 16:49 | Trackback | Comments(2)

ヘッダー写真:昭和36年、インターハイで二連覇し凱旋した熊本駅ホームで歓迎を受ける済々黌チーム


by swpc

プロフィールを見る
画像一覧

Note

濟々黌水球部の歴史は戦後復興の始まりとともにスタートしました。以来今日まで65年、苦難と栄光の歴史をあらためて振り返り、未来への道標とすべく、このブログを開設いたしました。必ずしも時系列ではありませんが、少しずつエピソードをご紹介していきたいと思っています。また、OBその他関係者の皆様から「想い出話」の投稿をお待ちしています。また、お手持ちの写真がありましたら、ぜひご貸与ください。
平成23年8月
    柴田範房(昭和39年卒)
連絡先:
ugg99537@nifty.com

以前の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧