<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

没後8年 矢賀さんの声が・・・

 来る7月1日は済々黌水球部の黄金時代を築いた矢賀正雄さんの命日だ。今年でもう8年になる。私がこのブログを立ち上げることになったもともとのきっかけは、10年ほど前、生前の矢賀さんとの雑談からだった。「矢賀さんがお元気なうちに水球部の歴史を目に見える形で残しましょうよ」と言うと矢賀さんも乗り気で「頑張ってシナリオを書いてみる」と仰った。ただ、矢賀さんから釘を刺されたのは「君に負担がかかるようことはせんでくれ!」ということだった。当時はまだブログは普及していなかったので、どんな媒体を使うか具体的な検討を始めた。そんな矢先、矢賀さんの健康状態が悪くなり、このプランも宙に浮いたまま、矢賀さんは帰らぬ人となられた。
 以来、私はこのプランを具現化する気力も失ってしまい、それっきりになっていたが、ちょうど1年前、木村隆君などOBの方から「濟々黌水球部のブログ立ち上げに手を貸してほしい」という依頼があった。私はすぐに、これは矢賀さんの意をうけた天の声ではないかと思った。
 ブログを作り始めてから1年が過ぎようとしている。矢賀さんはどこかで見てくださっているだろうか。「ムリせんでくれよ!」どこかから矢賀さんの声が聞こえたような気がした。
(柴田範房)

※下の記事をクリックすると大きなサイズになります。
d0251172_16271349.gif

(熊日紙より)

[PR]
by swpc | 2012-06-05 17:18 | Trackback | Comments(0)

ヘッダー写真:昭和36年、インターハイで二連覇し凱旋した熊本駅ホームで歓迎を受ける済々黌チーム


by swpc

プロフィールを見る
画像一覧

Note

濟々黌水球部の歴史は戦後復興の始まりとともにスタートしました。以来今日まで65年、苦難と栄光の歴史をあらためて振り返り、未来への道標とすべく、このブログを開設いたしました。必ずしも時系列ではありませんが、少しずつエピソードをご紹介していきたいと思っています。また、OBその他関係者の皆様から「想い出話」の投稿をお待ちしています。また、お手持ちの写真がありましたら、ぜひご貸与ください。
平成23年8月
    柴田範房(昭和39年卒)
連絡先:
ugg99537@nifty.com

以前の記事

最新のコメント

最新のトラックバック

検索

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧